We are helped quite considerably by those of you who are not just standing up for the truth, but getting out and about to spread it far and wide.

SaLuSa 11-January-2012


putin

Friday, March 29, 2013

29.03.2013










サルーサ 2013年3月29日




今までにライトワーカーが人々を新時代へと導く仕事に腰を落ち着けたのが見られます。彼らの必要なことに対する理解は、目覚めのプロセスを助けることであり、世界の状況がどうなろうとも続けられます。人々に混沌や混乱を起こさせず、光と愛に関わる仕事からエネルギーを引き上げさせないようにすることが大切です。闇はやがては舞台から姿を消しますが、既により多くの恐怖を作り出す力を失っています。この点に関しては、表面上の戦争の脅威があるにもかかわらず、そのようなことはもはや許されないことを分かってください。光の銀河連合はスパーパワーの意図を知っており、私たちは世界戦争を開始しようとする如何なる試みをも阻止します。光は大きい差をつくりだしたので、戦争機械と関係を持つ多くのソウルたちは意識の変化を経験しました。あなた方は軍事活動や、罪の無い市民に対する不要な攻撃の理由についての疑問が聞かれることを期待できます。戦争とそれを支持するあらゆる事があなた方の暮らしのあらゆる場所で中止される日が到来しつつあります。

あなた方が示す愛の中に最も有効で強力な武器があるので、光の者たちには、あらゆるポジティブなことに集中し続けるようお願いします。 あなた方全ては新時代の実現を保証出来るだけの振動数まで上昇しつつあり、生活のあり方が古いパラダイムに戻ることはあり得ません。実際、振動数の上昇は、間近に明らかになることを越えて衝撃を与えています。愛は政府の全ての機関、企業、私的部門に浸透しつつあり、過去においては受け入れたれてきたことに対して、今では、人々の最善の利益になり得るのかどうかについて疑問が呈されるようになりました。古いやり方を続けようとする人々は、金融の世界において起きているように、今までのやり方の維持が不可能だということに気が付くでしょう。腐敗の程度はこれまでに明らかになったことをはるかに凌駕していますが、真実はやがて明らかにされ、彼らを信頼していた人たちに衝撃を与えるでしょう。秘密の無い、透明な新しいシステムが導入されるでしょう。

私たちの連合は大胆な活動を行い続けていて、変化を起こそうとしての働きに対するより多くの支援を受けて、強さを得ています。実際には、あなた方はそれぞれの世界に立脚して暮らしていますが、古い三次元に属する事柄からできるだけ早く手を引けば、高次元にそれだけ早く上昇できるでしょう。古いカルマは解消のために一端戻ってきますが、その解消はあなた方の態度の変更と同様に簡単で、それについてどのように考えるかを含みます。変化の閾値は審判をやめること、自分自身の行動と発見が他人の暮らしに脅威や害を加えないことです。感情的、及び感覚的な存在であるあなた方は挑発への対応が難しいと思う事が分かるので、”(片方の頬をぶたれたら)もう片側の頬を差し出せ”とは記憶の価値のある言葉です。怒りとこれに対する反応は、人間の構成の一部ですが、怒りを止められなければ、あなた方は自分の肉体を痛め、病気にさえなりかねません。自分で立ち上がらないようにとは口が裂けても言いませんが、トラブルから身を遠ざけるほうが良い時が来るでしょう。

事実、あなた方がより多くの光を維持するようになれば、暮らしのストレスがより少なくなることがわかるでしょう。あなた方の高い振動は、あなた方の周囲に静けさをもたらすでしょうし、肉体的な、あるいは言動上の攻撃を受け難くなるでしょう。あなた方自身が害を引き寄せなければ、何ものもあなた方を害することは無いでしょう。このことはいつでも適当な時、最善の条件が整った時に起こりえるカルマ経験をもたらします。それが友人や家族の間に起きる時にはこれらの人たちが多かれ少なかれ巻き込まれ、それぞれがその経験から何かを学ぶということに留意してください。カルマは決して罰ではなく、あなた方のスピリチュアルな進展を助ける生涯レッスンを代表するものであることを強調しすぎることはありません。カルマから何かを得るためには、必ずしも自身自身でカルマを経験しなければならないことはありません。光の優れた例としての行動を示してください。そうすれば他の人たちも、あなた方の行動から恩恵を受けるでしょう。イースターを祝う人たちにとっては、それは地球に来て無条件の愛によって自分を示した偉大な教師の記憶になるでしょう。

愛は、全てであり、あなた方が二元性における多くの転生の旅を意識する時には、あなた方には自分の進化のための唯一の道であることが分かるでしょう。あなた方は前進のための道を再発見するまでには多くの後退のステップを踏まなければなりませんでしたが、そうすることによって、自分の道を見失わずに如何に行動すべきかを学びました。現在は、あなた方の道は地球に降り注がれ続けている向上のエネルギーによって、より容易なものになっていて、その注入は、あなた方がより高い振動への次元上昇を経験するまで続くでしょう。あなた方が五次元の世界のある位置を占めるようになると、大きく覚醒するので、光の存在になるでしょう。その時でも、あなた方が創造主のところに着くまで旅は長く続くので、向上が終わることはありません。それはしかし、光への完全な回帰だという事実に関することなので、長い道のりです。あなた方の当面の課題は、光に集中し、二元性を後にするという意図を達成することです。

光に向かって動作することは、時には、ライフスタイルの変更を要するので重荷に思える可能性があり、友人に関して言うと、注意深い選択が必要になるでしょう。分け与えるように請われるまで、知識を自分だけに止めておくこと は難しいことは分かりますが、時には他の誰かがあなた方の知識によって恩恵を受けることがあることを知ってください。真実を発見したら屋根の上から大声で叫びたい気持ちになるかもしれませんが、準備が出来ていない人の抵抗を受ける可能性があるので、このような行動は控えるべきでしょう。生命は無限なのですから、人々に急いで知らせる必要はありませんし、全ての出来事は適切な時に、実に良いタイミングで起きるものなのです。既に準備が出来ていると感じられる人たちに知識を分け与えるよう求めるのに遠回りをすることはありません。あなた方が怒りの反応を示す時があるでしょうが、怒りはやり過ごし、このような人たちに愛と覚醒を送ってください。全てのソウルはやがては真実の道を見出すでしょうし、彼らが得ている経験は将来この人たちを助けるだけなのです。

私ははシリウスのサルーサで、水平線上にあなた方を向上させるものが見えます。それは極めて急速に到来し、多くの人を驚かせるでしょう。大変化一つだけの告知が必要であり、残りは急速にそれに続くでしょう。私たちは光を求めて選択した道に対する義務と応用についてのあなた方の優れた感覚を賞賛します。私たちは一つのものであり、あなた方は確かに私たちのうちの一部です。あなた方は愛を私たちに送る時、あなた方に深甚なる感謝の念を捧げます。

ありがとうサルーサ、マイク・クインシー。

ウエブサイト:Tree of the Golden Light
チャネラー: Mike Quinsey


Translator: Taki

No comments:

Post a Comment

invoc


神に対する訴え

14:02:2014 - 09:00H BRISBANE, AUSTRALIA

14:02:2014 – 08:00H TOKYO, JAPAN

http://24timezones.com/

Wanderer of the Skies

Wanderer of the Skies
in Japanese

日本語 - ARTURIAN TRANSMISSIONS

LORD EMANUEL MESSAGES

SOURUKAMERA'S BLOG

CH

Watch the Live Stream of the Red Carpet Premiere Event for Free - Tune in on April 22 at 7pm Pacific Time


CLICK HERE TO JOIN US


Citizen Hearing on Disclosure

"IF THE CONGRESS WON'T DO ITS JOB, THE PEOPLE WILL."



STEPHEN BASSETT

See More HERE

Petition

Petition for Disclosure
13 October, 2013

Full government disclosure of ET presence on Earth

米国政府に対するETの存在についての情報開示の請願署名依頼。

https://secure.avaaz.org/en/petition/Full_government_disclosure_of_ET_presence_on_Earth_now/?cHQipcb

上のURLを開いて、メールアドレスを入力すれば、外国人でも請願者の一人として数えられます。
請願理由の欄は無記入で結構です。
皆様のご協力をお願いします。

愛と光をもって、
たき